記事内に広告あり

話す時に手が動く人の心理とは?身振り手振りが多い人のに特徴を解説

会話中に手を動かす人を見ると、どんな心理が隠されているのか気になったことはありませんか?

手の動きは、その人の感情や性格、状況への反応を表す大切な手がかりです。

本記事では、話す時に手が動く人の心理背景を掘り下げ、ジェスチャーのコミュニケーション効果やビジネスシーンでの扱い方まで詳しく解説します。

この記事を通じて、コミュニケーションの奥深い世界を一緒に探ってみましょう。

ぜひ参考にしてください。

また、最後には「人の仕草や態度が気になってしまう人の原因と対処法」を記載しています。こちらもあわせてご覧ください。

 

\複数のメディアで大反響!/

  • もし、話し方やコミュ力、ビジネススキルを上げるならこれ!
  • 知って得する、知らないと損をする伝え方スキルを学べる
  • 外出せず3時間で「履歴書に書ける資格」取得!

伝え方コミュニケーション検定を受ける

この記事を書いている人
「恋のサインと心理」編集部 Maiko

某大手婚活会社で婚活アドバイザーとして男女問わず恋愛&婚活カウンセリング500件以上行なってきました。恋愛力、婚活力を底上げする知識とトレーニングを発信していきます。

1.話す時に手が動くのはなぜ?

  • 1-1.感情表現の一部として動く
  • 1-2.自己表現の手段
  • 1-3.コミュニケーション補助として

1-1.感情表現の一部として動く

話す時に手が動く人の心理は、感情表現の一部であることが多いです。

話す時に手が動く人の心理は、感情表現の一部

具体的には、喜びや興奮、時には緊張や不安など、内面にある感情が手の動きとして現れるのです。

たとえば、楽しい話をしている時に手を振る行動や、熱心に説明している時のジェスチャーなどがこれにあたります。

手の動きは、言葉だけでは伝えきれない感情の深さを表現しています。

手の動きによって、コミュニケーションはより豊かになり、相手に自分の感情を効果的に伝えることができるのです。

リスナーにとっても、話し手の手の動きは話の内容を理解しやすくする助けになります。

このように、手が動くことは単なる癖ではなく、感情の豊かな表現手段なのです。

話し手の真意を理解する手がかりとして、これらのジェスチャーに注目してみるのも一つの方法です。

1-2.自己表現の手段

話す時に手が動く人は、言葉だけでは伝えきれない自分の考えや感情を、身振り手振りを通じて表現しています。

例えば、大きなジェスチャーで情熱を示したり、繊細な手の動きで微妙なニュアンスを伝えたりするのです。

これは、言葉に頼らずとも自己表現の幅を広げる手段として非常に有効です。

特に、話す時に手を動かすことは、聴き手に対するメッセージの強調や、会話のリズムを生み出す効果があります。

ジェスチャーは、話し手の心理状態や意図をよりダイレクトに伝える役割を担い、コミュニケーションを豊かにします。

話す時のジェスチャーやより伝える方法を極めたいと言う方は「伝え方コミュニケーション検定」の受講をお勧めします。

このように、手の動きは、単なる癖や無意識の動作ではなく、コミュニケーションの中で重要な自己表現の一部となっているのです。

また、もし手の動きや「他の人の仕草、態度」が気になってしまう、と言う方は記事下部で「人の仕草や態度が気になってしまう人の原因と対処法」についても書いていますのでそちらもご覧ください。

1-3.コミュニケーションの補助として

手が動くことは、コミュニケーションを補助する大切な役割を果たします。

特に、言葉だけでは伝わりにくい細かいニュアンスや感情を、身振り手振りで表現することができます。

例えば、強調したいポイントで手を振ることで、話の重要性を相手に伝えることが可能です。

身振り手振りは、非言語コミュニケーションの一環として、相手に対する理解を深める効果があります。

人は言葉以外の情報からも多くを読み取ります

そのため、適切なジェスチャーを使うことで、話し手の意図がより明確になり、コミュニケーションがスムーズに進むのです。

さらに、身振り手振りは、話し手の情熱やエネルギーを伝えるのに役立ちます

情熱的に手を動かしながら話す人は、その熱意が伝わりやすく、聴衆を引き込む効果があります。

このように、手が動くことで、言葉以上の情報が伝わるのです。

もしご自身のコミュニケーション能力、ビジネススキルを向上させたいとお考えの方は、文部科学省調査研究事業で採用された性格統計学をもとにした、伝え方コミュニケーションが学べる初級の検定がおすすめです。

\複数のメディアで大反響!/

講座では、「性格統計学」をもとに「相手に伝わる言葉の選び方」を習得できます。

たった2通りの伝え方を覚えるだけ。実践的なノウハウで、具体例がもりだくさんです。学んだその日からビジネス・家庭で使えます

外出せず、ウェブ3時間で履歴書に書ける資格がとれます。今こそ生涯役立つ伝え方スキルを身につけるチャンス!

伝え方コミュニケーション検定を見る

2.手が動く人の心理って?

  • 2-1.情熱的な性格をしている
  • 2-2.緊張や不安を表している
  • 2-3.自信の表れ

2-1.情熱的な性格をしている

話す時に手が動く人の中には情熱的な性格が隠れていることがあります。

これは、彼らが感じる強い感情や熱意を外に表現するための方法です。

例えば、興奮している時や何かに夢中になっている時、彼らの手は自然と動き始めます。

これは、単なる癖ではなく、その人の内面のエネルギーが溢れ出している証拠なのです。

その人の内面のエネルギーが溢れ出している証拠

情熱的な人は、自分の考えや感情をオープンにする傾向があります。

彼らのジェスチャーは、その強い感情を支えるもので、話している内容に対する深い関心や熱意を物語っています。

彼らの話は、聞き手にとっても感染力があり、その熱意は周囲をも動かす力を持っています。

このように、手が動く人の背後には、感情を素直に表現する情熱的な性格があり、それはコミュニケーションにおいて非常に強力なツールになり得るのです。

2-2.緊張や不安を表している

また、話す時に手が多く動くのは、緊張や不安が原因であることもあります

この動きは、感情を言葉で表現するのが難しい時、体が自然と行う反応です。

例えば、大切なプレゼンテーションの前や新しい人との会話では、手が無意識に動きがちです。

この行動は、心の中の感情が溢れ出すような状態を示していることがあります。

不安や緊張が強ければ強いほど、手の動きは大きくなる傾向にあります。

しかし、これは決して悪いことではありません。むしろ、感情豊かで人間らしい表現と言えます。

この現象を理解することで、自分自身や他人の感情をより深く理解する手掛かりになるのです。

また、手の動きが多い人とのコミュニケーションでは、その背後にある感情を察して、適切な反応を示すことが重要です。

いつも人の仕草が気になってしまうことで悩んでいる場合は、「人の仕草や態度が気になってしまう人の原因と対処法」を書いていますのでそちらもご覧ください。

2-3.自信の表れ

話す時に手を動かす行動は、自信の表れとしても解釈されます。

例えば、ビジネスプレゼンテーションで手を動かしながら話す人は、自分の言葉に確信を持っているように映ります。

彼らは自分のアイデアや意見を、身振りを通じて力強く伝えています。

これは、彼らが自分の考えに自信を持っている証拠です。

また、手の動きは話し手のリラックスした様子を示すこともあります。

リラックスしている人は、自分の意見を堂々と表現できるため、自然なジェスチャーが伴います。

逆に、緊張していると手の動きは硬くなりがちです。

自信溢れる話し方は、聞き手にもポジティブな影響を与えます。

自信を持って話されると、その情報や意見に対する信頼度が自然と高まります。

だから、自信を持って話すことは、自分自身だけでなく、周囲の人々にも良い影響を及ぼすのです。

地震に溢れた伝え方を学びたいと言う方は「伝え方コミュニケーション検定」の受講をお勧めします。

3.ジェスチャーが多い人のコミュニケーション効果は?

  • 3-1.他者との関係が深まる
  • 3-2.実は誤解されやすい
  • 3-3.良好な対話に役立つ

3-1.他者との関係が深まる

ジェスチャーが多い人は、コミュニケーションにおいて他者との関係を深める可能性が高いです。

手を動かしながら話すことで、感情や意図を明確に伝え、聞き手に理解しやすい環境を提供します。

例えば、熱心な話し方は聞き手にエネルギーを伝え、会話に没入させる効果があります。

しかし、過度のジェスチャーは相手に圧迫感を与えることもあるので、バランスが重要です。

身振り手振りを適切に使うことで、より良い人間関係を築くきっかけになります。

友人との会話ではリラックスしたジェスチャーを、ビジネスの場では控えめでプロフェッショナルな身振りを心掛けることが望ましいです。

このように、ジェスチャーはコミュニケーションの質を高める重要な要素です。

さらにコミュニケーション能力向上のメソッドを知りたい方は「伝え方コミュニケーション検定」の受講をお勧めします。

自分の手の動きを意識し、相手に合わせて調整することで、より理解され、信頼される関係を築くことができるでしょう。

3-2.実は誤解されやすい

ジェスチャーが多い人は誤解されがちですが、これを避けるにはコミュニケーションの仕方に工夫が必要です。

例えば、自分の身振りに意識を向けて、話の内容とジェスチャーのバランスを取ることが重要です。

また、話している相手の反応を見ながら、ジェスチャーの量を調整するのも効果的。

例として、熱心に話している時に手が自然と動きがちですが、相手がそれによって話の内容から注意が逸れないよう、適切なジェスチャーの量を見極めることが大切です。

話し手としては、ジェスチャーを使うことで自分の言葉に強調や感情を加えることができますが、同時に相手が受け取りやすい範囲内で手振りを行うことがコミュニケーションの成功に繋がります

これは、相手の理解を助けると同時に、無意識のうちに生じる誤解を最小限に抑えるために効果的です。

3-3.良好な対話に役立つ

良好な対話を実現するためには、話す時の手の動きが重要な役割を果たします。

手の動きは、言葉だけでは伝えきれない感情や強調したいポイントを相手に明確に伝える手助けをします。

例えば、あなたが熱心に話す際に手を振ることで、情熱や説得力を表現できます。

反対に、落ち着いて手を動かすことで、相手に安心感を与えることも可能です。

このように、ジェスチャーはコミュニケーションを豊かにし、より深い理解を促進します。

特に重要なのは、相手の反応を見ながら手の動きを調整することです。

例えば、相手が緊張している場合、手の動きを抑えることで落ち着かせる効果があります。

逆に、話が盛り上がっている時は、ダイナミックなジェスチャーで共感や興奮を高めることができます。

このように、手の動きは相手との関係性を深め、効果的なコミュニケーションの橋渡しをします。

話す時に手が動く人の心理を理解し、それを活かすことで、相手との対話がより豊かで意義深いものになります。

4.ビジネスシーンでの手の動き

  • 4-1.面接での適切なジェスチャー
  • 4-2.職場での影響
  • 4-3.プロフェッショナルなコミュニケーション

4-1.面接での適切なジェスチャー

面接での適切なジェスチャーは、印象を左右する重要な要素です。

手の動き一つで、自信や積極性を表現できる反面、過度なジェスチャーは緊張や不安を示してしまう可能性があります。

面接官に良い印象を与えるためには、落ち着いた手の動きが重要です。

面接官に良い印象を与えるためには、落ち着いた手の動きが重要

たとえば、ポイントを説明する際に手を軽く挙げるなどのシンプルなジェスチャーは、話に強調を加えます。

しかし、手を大きく動かしすぎたり、頻繁にジェスチャーを変えたりすることは避けるべきです。

面接では、自分の言葉と身振りが一致しているかどうかが、信頼感を築く上で大切になります。

このバランスを保つことで、面接官に自然で誠実な印象を与えることができます。

4-2.職場での影響

話す時に手が動く人は、職場でのコミュニケーションにおいて、独特の影響を与えます。

手の動きは、意見や感情を表現する効果的な方法ですが、時には相手に強い印象を与えすぎることも。

例えば、プレゼンテーション中にジェスチャーが多いと、その内容よりも手振りが注目されてしまうことがあります。

重要なのは、手の動きと話す内容のバランスです。

ジェスチャーは話のポイントを強調するのに役立ちますが、過度な動きは聞き手を惑わせることにもなり得ます

また、手の動きが少なすぎると、伝えたい情報が伝わりにくくなることもあります。

職場でのコミュニケーションでは、手の動きを適切にコントロールすることが求められます。

効果的なジェスチャーは、話の内容を強化し、聞き手に明確なメッセージを伝える手助けとなります。

それにより、より良い職場環境とスムーズなコミュニケーションが促進されるのです。

4-3.メッセージの強調

プロフェッショナルなコミュニケーションでは、手の動きが重要な役割を果たします。

ビジネスの場では、適切なジェスチャーが信頼性と説得力を高めるため、話す時に手を動かすことはプラスに作用することが多いです。

例えば、プレゼンテーション中に適切なジェスチャーを用いることで、聴衆の注意を引き、メッセージを強調することができます。

ただし、オーバーな動きは逆効果になることもあるので、バランスが大切です。

自然な手の動きは、話者の自信と情熱を伝え、リスナーとのつながりを強化します。

このように、話す時に手が動く人の心理を理解し、それをビジネスシーンで活用することは、より効果的なコミュニケーションにつながります。

話す内容とジェスチャーを適切にマッチさせることで、プロフェッショナルな印象を与え、相手にポジティブな影響を与えることができるのです。

5. 他人の仕草や態度が気になる人の原因と対処法

ここまで話す時の手が動く人の心理について書きました。他人の仕草や、態度を気にしてしまう人は、相手を思いやれる優しい人です。この記事を読んでいるあなたもきっと優しい人なのでしょう。

ですが、他人の態度を気にしすぎてしまう人は、自分より他人の気持ちを優先しすぎて、疲れやすかったり、ストレスを感じやすくなったりもします

他人の仕草を気にする「繊細さん」について興味深い記事がありました。

繊細さんが「自分のまま」で生きる本』の著者、武田友紀さんによると、昔は周りの小さなことに気づく人は「神経質な人だ」と見られていましたが、現在では「5人に1人が生まれつき繊細な性格」で生まれつきであることがわかっています。

相手の態度や仕草が気になってしまう繊細な人は、無理に「気にしないようにしよう」「図太く生きよう」と思っても逆にストレスを溜め込む結果になります。

対処法として「自分を大切にする」ことを意識することで楽に生きることができます。

具体的には、

  • 自分の感情をありのままに受け止める
  • 人と境界線を引く(何か気になってもテレビの人が動いているくらいの感覚でいる)
  • リラックスできるアイテムを常備する(イヤホンや、マスク、お気に入りの服、アクサリーなど)

など、相手を優先することで溜め込んでしまうかもしれないストレスを自分らしく過ごすことで緩和していくことができます。

「『繊細さんが「自分のまま」で生きる本』」には他にも、あなたの心がラクになる生き方、方法が載っています。

他人のことを気にしすぎているかも」と言う方におすすめの本です。

また、毎日忙しく、そこまで自分の心のケアに気が回らないという方は、ストレス度をセルフチェックできる下記アプリもあります。。

心理学の理論に基づいた早稲田大学と共同研究で開発されたアプリです。

悩みやストレスに対して認知行動療法を行えます。

認知行動療法(Cognitive Behavior Therapy)はCBTとも呼ばれ、ストレスなどで固まって狭くなってしまった考えや行動を、ご自身の力で柔らかくときほぐし、自由に考えたり行動したりするのをお手伝いする心理療法です。

そもそも認知行動療法(CBT)ってなに? | NCNP病院 国立精神・神経医療研究センター

悩みを吐き出したり、書いたりしながら、心をケアするスキルが身につくアプリです。セルフケアの機会はなかなかないと思いますので、そういう機会を作れるだけでもかなり効果的です。

実際に使った人の声の中には様々なメンタルヘルスケアの方法を学べ、アプリも使いやすく役に立ったという声も多いです。

今、ストレスを感じているかもな…」と感じる方は試してみてはいかがでしょうか?

\自分がわかる。変えられる。/

Awarefyを見る

まとめ

手が動く人の心理は、彼らのコミュニケーションスタイルや感情表現の豊かさを示しています。

この記事では、「話す時に手が動く人 心理」というテーマを深く掘り下げ、彼らの行動の背後にある感情や意図を理解しました。

情熱的な性格、緊張や自信など、様々な心理がその背後にあることが明らかになりました。

また、ビジネスシーンでの適切なジェスチャーの使い方や、誤解を避けるコミュニケーションの方法にも触れ、より効果的な人間関係構築のヒントを提供しました。

話す時に手が動く人の心理を理解することは、コミュニケーションの質を高めるために不可欠です。

この理解を深めることで、相手の意図をより正確に捉え、円滑な対話を実現できるでしょう。

\複数のメディアで大反響!/

  • もし、話し方やコミュ力、ビジネススキルを上げるならこれ!
  • 知って得する、知らないと損をする伝え方スキルを学べる
  • 外出せず3時間で「履歴書に書ける資格」取得!

伝え方コミュニケーション検定を受ける

関連記事:

上を向いて話す人の心理とは?理由と意味を徹底解説

コメント