記事内に広告あり

マッチングアプリで会うのがめんどくさくなった時の断り方を徹底解説

マッチングアプリを使っていると、会う約束をすること自体がなんだかめんどくさくなってくること、ありませんか?

こう感じるのはあなただけではありません。

この記事では、そんな時のための心構えと、スマートに断る方法を紹介します。

あなたのマッチングアプリライフがより快適になるように、ぜひ参考にしてください。

この記事を書いている人
「恋のサインと心理」編集部 Maiko

某大手婚活会社で婚活アドバイザーとして男女問わず恋愛&婚活カウンセリング500件以上行なってきました。恋愛力、婚活力を底上げする知識とトレーニングを発信していきます。

\初めての婚活はこちら!/
結婚相談所比較ネット

→結婚相談所はたくさんありますが、料金やシステム、キャンペーンもバラバラで初心者の方には難しい…。「結婚相談所比較ネット」なら実績のある結婚相談所を一括比較できるので、初めての婚活におすすめです!

  • 結婚相談所「大手19社」を一括比較!
  • パンフレットを無料でお届け!
  • あなたに合わせた結婚相談所のパンフを無料でお届け!

さらにパンフレットを貰うだけで婚活支援金30,000円プレゼント!(5月31日まで)

\登録たった2分/
無料パンフレットをもらう

1.どうして会うのがめんどくさいと感じるの?

  • 1-1.デート前のプレッシャーと期待のギャップ
  • 1-2.毎日続くメッセージ交換に疲れた理由
  • 1-3.マッチングアプリ特有のコミュニケーション疲労

1-1.デート前のプレッシャーと期待のギャップ

デート前に感じるプレッシャーとは、実際に会った時の自分と相手の期待値のギャップを心配することです。

特にマッチングアプリでは、プロフィールやメッセージのやりとりを通じて、相手に対する期待が無意識のうちに高まっていきます。

この期待が高まるほど、実際に会った時のギャップを恐れる気持ちも強くなります。

例えば、テキストでのコミュニケーションが得意な人は、対面での会話では同じように魅力的に振る舞えるか不安に感じることがあります。

このように、デート前のプレッシャーは、自分と相手の期待値の不一致を心配することから生じるのです。

理解しておきたいのは、このプレッシャーは誰もが経験する自然な感情であるということです。

そして、この感情を事前に受け入れ、リアルな自分を相手に伝えることが、期待と現実のギャップを縮める鍵になります。

\失敗しない婚活はこちら!/
結婚相談所比較ネット

【結婚相談所比較ネット】
無料パンフ請求で婚活支援金30,000円

1-2.毎日続くメッセージ交換に疲れた理由

毎日続くメッセージ交換に疲れるのは、新鮮さの欠如と予測可能性の増大にあります。

最初は楽しく感じるメッセージのやり取りも、日が経つにつれてルーチン化し、予測可能なパターンに陥りがちです。

例えば、毎朝の「おはよう」メッセージが、いつしか義務的な挨拶に感じられ始める瞬間があります。

これは、メッセージの内容が日常的で予測可能になり、新しい発見や驚きが少なくなるためです。

コミュニケーションに新鮮さと意外性を持たせることが、疲れを感じさせない鍵です。

私たちは、ルーチンからの小さな脱却を喜び、それが交流を継続する動機になり得ます。

例えば、定型文ではなく、その日にあった面白い出来事を共有することで、メッセージ交換が新鮮な体験に変わることがあります。

このように、毎日続くメッセージ交換に疲れたと感じたら、交換の内容や形式を変えてみることが、疲れを解消する一つの方法です。

1-3.マッチングアプリ特有のコミュニケーション疲労

マッチングアプリでのコミュニケーションは、しばしば疲労感を伴います。

その理由は、無数のプロフィールをスクロールし、選別する作業が繰り返されるためです。

さらに、初対面の人とのメッセージ交換には、相手に良い印象を与えようとするプレッシャーがあります。

この疲労は、日々のやり取りで蓄積し、マッチングアプリに対する熱意を失わせることがあります。

例えば、一人ひとりに丁寧に返信することは時間とエネルギーを大量に消費します。

特に、多くの人と同時にやりとりをしている場合、誰が誰だか混乱し、ストレスを感じることも。

これらの要因が合わさり、マッチングアプリ特有のコミュニケーション疲労を生み出しています。

この疲労を軽減するためには、自分に合ったペースでアプリを利用し、無理のない範囲でコミュニケーションを取ることが重要です。

\そろそろ結婚、意識する?/
結婚相談所比較ネット
【結婚相談所比較ネット】

2.会いたくないとき、どう伝えればいい?

  • 2-1.相手を傷つけない丁寧な断り方
  • 2-2.スマートに断るための具体的な例文
  • 2-3.マッチングアプリでのコミュニケーション術

2-1.相手を傷つけない丁寧な断り方

相手を傷つけずに会いたくないと伝えるには、誠実さと思いやりが重要です。

まず、自分の気持ちを素直に、しかし優しく伝えましょう。

「あなたとの会話を楽しんでいるけど、今は個人的な理由で誰とも会う気持ちになれないんだ」というように、自分の状況を説明することがポイントです。

次に、相手の理解を求める姿勢を示すこと。

「ご理解いただけると嬉しいです」と付け加えると、相手もあなたの立場を尊重しやすくなります。

最後に、将来の可能性を完全に閉ざさないこと。

「また気持ちが変わった時は、連絡するね」という言葉で、関係のドアを少し開けておくことができます。

相手に敬意を払いながらも、自分の境界線を明確にすることが、丁寧な断り方の秘訣です。

2-2.スマートに断るための具体的な例文

スマートに断る方法は、相手の気持ちを尊重しながら自分の意志を伝えることが鍵です。

例えば、「実は、今は自分自身のことに集中したい時期で、誰かと会う余裕がないんだ。ごめんね。」という断り方は、自分の状況を誠実に伝えつつ、相手を傷つけないよう配慮しています。

このアプローチは、相手に対して敬意を払いつつ、自分の境界を明確に設定する良い例です。

また、「今度誘ってくれてありがとう!今はちょっと難しいけど、また改めて連絡するね。」と伝えることで、未来の可能性を完全に閉ざさずに、現時点での会合を断ることができます。

このような断り方は、相手に対して柔軟性を示しつつ、自分のペースを保つことができるため、双方にとってプラスに働きます。

私たちは、誠実さと相手への敬意をもってコミュニケーションを取ることで、関係を健全に保つことができます。

2-3.マッチングアプリでのコミュニケーション術

会うのを断る時、マッチングアプリでのコミュニケーション術は重要です。

まず、相手に敬意を示しながら正直に自分の気持ちを伝えること。

たとえば、「今は個人的な事情で会うのが難しい」というように、具体的な理由を添えると相手も納得しやすいです。

重要なのは、断り方にも配慮を持ち、相手を尊重する姿勢を忘れないことです。

このアプローチを取ることで、相手に不快感を与えずにスムーズに関係を継続できる可能性が高まります。

マッチングアプリでのやり取りでは、相手の気持ちを考慮したコミュニケーションを心がけることが成功の鍵となります。

\あなたに合った出会いを!/
結婚相談所比較ネット

【結婚相談所比較ネット】

3.マッチングアプリ疲れを感じたらどうする?

  • 3-1.マッチングアプリブルーからの回復法
  • 3-2.健康的なマッチングアプリの使い方
  • 3-3.アプリ使用の見直しと休息の重要性

3-1.マッチングアプリブルーからの回復法

マッチングアプリブルーからの回復法は、まずは自分自身を見つめ直すことから始めます。

ポイントは、アプリの使用を一時的に休止する勇気を持つことです。

具体的には、趣味や運動など、他の活動に時間を割り当て、心のバランスを取り戻すことが重要です。

自分の価値をアプリのマッチ数で測らないこと、これが最も大切な回復法です。

友人や家族との時間を楽しむことで、マッチングアプリ以外の人間関係の豊かさを再認識することも効果的です。

こうした行動は、マッチングアプリによるストレスから抜け出し、自己肯定感を高める手助けになります。

結局のところ、マッチングアプリはあくまで出会いの一つの手段に過ぎず、自分自身や他人との関係を豊かにするためのツールの一つと捉えることが肝心です。

この視点変更が、マッチングアプリブルーからの回復への第一歩となるでしょう。

3-2.健康的なマッチングアプリの使い方

健康的なマッチングアプリの使い方は、バランスを取ることです。

毎日長時間アプリを使うのではなく、特定の時間に制限することが重要です。

例えば、「夕食後の1時間だけ」と決めることで、日常生活に支障をきたすことなく楽しむことができます。

また、アプリ内での交流に疲れたら、無理をせずに一時的に距離を置くことも大切です。

このように自分自身の精神的な健康を第一に考え、アプリとの付き合い方をコントロールすることで、マッチングアプリを健康的に楽しむことができます。

3-3.アプリ使用の見直しと休息の重要性

アプリを見直し、時には休息を取ることは、マッチングアプリ疲れを防ぐ上で非常に重要です。

ポイントは、アプリの使用が日常生活にどのような影響を与えているかを定期的に評価することです。

例えば、もしアプリの通知を待ちわびることが日常の楽しみの大部分を占めているなら、それはアプリ依存のサインかもしれません。

アプリ使用を見直すことで、自分の時間をより有意義に使えるようになります。

また、アプリから離れてリフレッシュすることで、新たな視点を得ることができます。

この休息期間は、自分自身との対話を深め、何を本当に求めているのかを見つめ直す絶好の機会です。

結局のところ、マッチングアプリはあくまで出会いの手段の一つであり、自分自身との関係や現実世界での交流をおろそかにしてはいけません。

\新しい出会いを賢く!/
結婚相談所比較ネット
【結婚相談所比較ネット】

4.2回目のデートを断るときのポイントは?

  • 4-1.気乗りしない2回目のデートへの対応
  • 4-2.クリーンな関係の終わり方
  • 4-3.相手に対する敬意を保つ方法

4-1.気乗りしない2回目のデートへの対応

気乗りしない2回目のデートへの対応は、正直かつ配慮深いコミュニケーションが鍵です。

まず、自分の感情を素直に理解することが大切です。

次に、その気持ちを相手に伝える際は、相手の気持ちを尊重し、誠実さを持って伝えることが重要です

例えば、「前回は楽しい時間を過ごせたけれど、もう少し考える時間が欲しい」というように、感謝の意を示しつつ、自分の現在の状況を伝えます。

この方法なら、相手も自分の気持ちを尊重してくれたと感じ、双方にとって良好な関係を保つことができます。

相手を尊重することで、自分自身も心地よい交流を続けることができます

4-2.クリーンな関係の終わり方

クリーンな関係の終わり方は、双方の尊厳を守りつつ、未来のドアを閉じない方法です。

まず、直接かつ正直に気持ちを伝えることが大切です。

「あなたとの時間は楽しかったけれど、今は自分自身に集中したい」というように、感謝の気持ちを示しながら自分の意志を伝えると、相手も受け入れやすくなります。

最後には、相手のこれまでの配慮に感謝することを忘れないでください。

このようなアプローチは、後味の悪さを避け、互いにとってプラスの経験となり得ます。

実際、誠実な対応は相手を尊重することに他ならず、長期的に見て自分自身の人間関係にも良い影響をもたらします。

このプロセスを通じて、相手との関係を清潔に終わらせ、新たな出発を迎える準備ができます。

4-3.相手に対する敬意を保つ方法

相手に対する敬意を保つ最善の方法は、正直であることです。

事前に感じている不安や疑問を素直に伝えることが大切です。

これにより、不意打ちを避け、相手の理解と尊重を得やすくなります。

例えば、「今は人と会うことに少し不安があるんだ」と伝えることで、あなたの気持ちを理解してもらえる可能性が高まります。

相手への敬意を示すことは、あなた自身の気持ちを正直に表現することから始まります。

これはマッチングアプリのやりとりに限らず、すべての人間関係において重要です。

このアプローチにより、お互いの尊重と理解の基盤を築くことができます。

まとめ

マッチングアプリで会うのがめんどくさくなったとき、その気持ちは決して珍しいものではありません。このような感情は、多くのユーザーが経験しています。

大切なのは、自分の感情に正直であることと、相手に対して尊敬と思いやりを持って接することです。上手な断り方を知っておくことで、不要なストレスを避け、マッチングアプリをより健康的に使いこなすことができます。

本記事では、マッチングアプリの使用で疲れを感じたり、会うのがめんどくさいと思ったときの対処法を紹介しました。

マッチングアプリは便利なツールですが、それに振り回されることなく、自分のペースで利用することが重要です。このガイドが、より良いマッチングアプリ体験への一歩となることを願っています。

\婚活初心者はこちら!/
結婚相談所比較ネット

→結婚相談所はたくさんありますが、料金やシステム、キャンペーンもバラバラで初心者の方には難しい…。「結婚相談所比較ネット」なら実績のある結婚相談所を一括比較できるので、初めての婚活におすすめです!

  • 結婚相談所「大手19社」を一括比較!
  • パンフレットを無料でお届け!
  • あなたに合わせた結婚相談所のパンフを無料でお届け!

さらに…!

下記から無料パンフレット請求で婚活支援金30,000円プレゼント!(5月31日まで)

\登録たった2分/
無料パンフレットをもらう

マッチングアプリ
監修者
「恋のサインと心理」編集部 Maiko

某大手婚活会社で婚活アドバイザーとして男女問わず恋愛&婚活カウンセリング500件以上行なってきました。恋愛力、婚活力を底上げする知識とトレーニングを発信していきます。

コメント